So-net無料ブログ作成

帰ってきた「くろちゃん」のこと [エートマンのウェブメモ]

140719kurochan.jpg

 くろちゃんを知っていますか?

 どこかで聞いたようなフレーズですね。えーと?!
そうです、あれは2011年8月30日のことでした。このブログで初めてくろちゃんを
紹介したとき、同じフレーズを記事タイトルにしていました。

 くろちゃんは、甲府城跡のどこかに棲む妖精とのことで、
その最初の登場も、あれっと気がついたら、賑々しく現れていて、
それで、2013年3月末には、フッと消えてしまったのです。
(消えたことについては、2013年4月2日の記事でふれています)

 それがまた、このところ、再登場というか、復活というか・・・したのです。
これからまた、どのような活躍があるのか、期待をしていきたいと思います。
復活したくろちゃんは、次のブログURLでご覧いただけます。

  ひらめき http://blog.goo.ne.jp/koufujyou26

「リニア展望台」設置工事ありました [やまなしリニア]

140708renia02.jpg

 10日ほど前、久々に山梨リニア実験線の見学に出かけました。
場所は、笛吹市八代町岡の八代ふるさと公園の駐車場でありました。
ところが、その駐車場の一角で工事が行われていたので、
少し遠慮して遠くから見たのです。

140708renia03.jpg

 工事用車両が数台とまっており、作業が続けられていましたが、
ほとんど完成に近いような雰囲気もありました。

140708renia01.jpg

 望遠レンズを向けると、「リニア展望台」とあるではありませんか。
そうです、あの場所がいちばんリニア見物によい場所の1つなのです。
完成し、共用された暁には・・・。
そんなことを思いながら、さらによく見える場所を探したのでした。

140708renia04.jpg

 じゃ~ん、実験線がよく見渡せます。
でも、この日、いくら待っても実験車両のお出ましはありませんでした。
願わくば、リニア展望台の完成の暁には、実験車両の通過の予定などの
表示がなされるとうれしいんだけどなぁ・・・。
(エートマンの思いだけではないと思うのだけれど。)

 ところで、今晩のニュースで、リニアに着工するべきという方針が
国交省の大臣から述べられたという報道がありました。
いよいよ、実験線から営業線(中央新幹線)へということになりますね。

新しいカテゴリ「やまなしリニア」のご案内 [エートマンのウェブメモ]

140407renia02.jpg

 故あって、そういうことになりました。
従来は、主に「新しい土地利用のかたち」に位置づけてきましたが、
時代も変わりそうなので・・・。

 ちなみに、この記事に使用した写真は、2014年4月9日の
「桃源郷を行くL0系」という記事の中で紹介したものの再掲です。

いま美味しい やまなしの桃 [季節の話題]

140708peech01.jpg

 甲府盆地のあちこちで、いま桃がおいしい季節を迎えています。
品種によっては、若い実に専用の袋をかけて、大切に育てます。

140708peech02.jpg

 出荷が近づくと、こんなふうに一部を残して袋を取り除きます。
除袋といいますが、袋掛けも除袋もすべて手作業でたいへんです。
でも、それもみな、おいしさとの引き替えです。

140708peech03.jpg

 それからもう一つ、桃畑の桃の木の下を見ると、
ギンギラギンのシートが敷き詰められています。
これで、太陽の光を反射させ、下向きの部分にもきちんと
赤い色がきれいにのるように配慮されているのです。

140708peech04.jpg

 袋掛けをしない品種もあるそうですが、
今が旬。見ているだけでゴクッときますね。

 先日、とあるテレビ放送番組で、山梨の人はかたい桃しか食べないとか、
そんな話題があったそうですが(残念ながらエートマンは見逃したです)、
それ本当?・・・みたいに問われてしまいました。
 少し考えてみて、「かたい桃しか食べない」ことはない。
かたいのも、熟して柔らかめのも、両方を楽しむことができるが正解では・・・。
山梨から離れた地域の方は、かための桃を箱詰めして出荷しても、
輸送して店頭に並べられたりし、お口に入るまでの間に、
一定の時間が経過するため、柔らかい桃しか食べられなくなってしまうので
かたい桃もおいしくいただく、山梨ならではの味わいが 奇異に見られることから
その番組のような話になったのではないでしょうか・・・と
訳知り顔で説明したことがありました。

なつぅ~2014 [季節の話題]

140708sunflower01.jpg

 えーと 何だっけ?! とか、思うゆとりもなく時間が過ぎてゆきます。
サクラからヒマワリへ、季節はすっかり移り変わりました。
ボチボチと・・・。